次の転職先は?

友達の子供さんが仕事を辞めてから何もしないで家にいるそうです。
今の所は失業保険があるので良いのですが、それをもらえるのも3ヶ月間。
あと1ヶ月で切れるので母親である友達は心配してるようです。
本人は全く仕事を探してる風でもなく。
パソコンで求人サイトを見ているかと思えばネットゲームかSNSばかりしているみたい。
求人募集の雑誌を渡してもそのままおいてあるそうです。
前の仕事を辞める時は、転職をすると言っていたそうです。
友達は、転職先は決まった上で辞めていると思っていたそうです。
それが、蓋を開けてみれば転職先なんてまだ決めてない現状だったよう。
ハローワークに行かないといけない日以外は家でずっといる様子。
息子さんなのであまりしつこく言うと機嫌が悪くなり何処かに出て行くそうです。
そんな勝手なことを出来るのも自宅だからですよね。
何を言っても寝る場所があると言うのは大きなことです。
独り暮らしをしていたらそんなお気楽なことはしてられませんからね。
動かなくても必要になってくるお金もあるだろうしね。
早く仕事を見つけて働いて欲しいと切実に友達は思っているようです。
友達の息子さんは大学の理学部を出て研究職に就いたんですよ。
はたから見たら研究職を辞めるなんてそんな勿体無いことを…って思いますけどね。
息子さんは以前にも仕事を何度か変わっているようです。
専門職だし経験者なので、研究職の求人は辞めてもすぐに見つかるらしいのですが、問題は本人のやる気ですよね。
それまでは転職先を決めてから辞めていたので、今回もそうだろうと思っていたらしいですけどね。
でも、まだ30歳前で何回も転職先を繰り返してることにも問題があると思うのですけどね。
とにかく、このままの状態だけはいけないですよね。

危機感も持つべきではないでしょうか?

アメリカカリフォルニアでイワシの大群がきたときの写真を見ました。
沿岸にあらわれるのは珍しいことであり、人がいくと離れていくということでした。
珍しいと魚に近づいたりもぐっていたけど、あれって危なくないですか?
イワシは人間を襲わないけれど、そのイワシを狙ってサメとかくるんじゃないかなと怖くなりました。
クジラは気泡で魚を追い込んでまとまったところを大きな口をあけてパクリと食べます。
私はあれを想像してしまいました。
魚がたくさんいるということはその魚をエサにしてるものたちが近寄ってくる可能性があると思い浮かべます。
たまたま珍しい体験として取り上げられていたけれど、海に詳しい人など危険だと思えるところを指摘する必要もあるのではないでしょうか。