舌と健康

舌になにかが起こると体の不調があらわれることがあります。
色々な汚れや食べかすや細菌が増えてくるとしたのひだが伸びる
口の中が乾燥 胃腸が悪化 すると舌苔というコケじょうの汚れができる
口を開けっ放しで寝る人はコケが付きやすいのですが、逆に全くない人は逆に内臓の動きが悪化していたり栄養不足である証拠
舌の先が赤い 紅下と言う 気管支が悪くなっている
舌の底がうっ血して気管支炎、咽頭炎、風邪の疑い
溝舌(ひだじた)
リンパ液が不足すると舌に栄養がいきわたらなくなるので溝ができる
表面を軽くなでるようにしてコケをとると良い
滑舌が悪い人は舌の筋肉が固まってくると滑舌が悪くなる
トレーニング
舌アゴのとがった部分から少ししたの裏側を親指で強めに押してもみほぐす
食べるときに右ばかりの人など、片方だけが凝ったりしてしまう

コメントは受け付けていません。